日本職業・環境アレルギー学会

日本職業・環境アレルギー学会日本職業・環境アレルギー学会

会則

  1. HOME
  2. 投稿規定

投稿規定

投稿規定

日本職業・環境アレルギー学会誌投稿規定

  1. 本会誌の原稿は,職業・環境アレルギーに関連するあらゆる分野の未発表の和文論文並びに欧文論文(原著,総説,症例及び調査報告,資料,短報など),会報,抄録,雑報などとする.
  2. 本会の会員は,会誌に投稿することができる.原稿の採否,掲載の順序,体裁などは,編集委員会が決定する.また,編集委員会は,本会の目的に添う原稿を依頼することができる.
  3. 本会誌に投稿する論文は,人を対象とする場合には,ヘルシンキ宣言(1964年採択,1975年修正,1983年改訂)の精神に則ったものであり,また,実験動物を用いたものは,各施設の動物実験指針に則って倫理的に行われたものでなければならない.
  4. 和文原稿は,専門用語以外は当用漢字を用い,現代仮名遣いに従い平仮名書きとする.1頁400字(20×20)で打ち込んだ電子媒体(CD,USBメモリー,電子メール)などにより投稿することを原則とする(富士通,NEC,東芝,シャープ,三洋,Macintoshのワード・プロセッサー・ソフトは全て使用可能).使用ソフトの種類を,投稿申込書に明記すること.外国人名,地名は原字(活字体)を用い,日本語で表現する場合は,「カタカナ」とする.
  5. 和文原稿は,表題名,著者名,所属機関名,和文要約,本文,文献及び英文抄録の順序で記載する.なお,英文サマリーは,500ワード程度(本誌1頁分)とし,結論だけでなく,目的,方法,結果等がよく読みとれる内容のものとする.
  6. 欧文原稿の構成は和文原稿に準じ,A4版タイプ用紙を使用し,ダブル・スペースでタイプする.また,和文原稿の場合と同様に,電子媒体(CD,USBメモリー,電子メール)などにより投稿することを原則とする.
  7. 和文原稿は,規定用紙(20×20字)で原則として30枚以内(文献を含む)とし,表・図・写真は,総計15枚以内とする.欧文原稿もこれに準ずる.
  8. 原稿の表紙には,表題,40文字以内のランニング・タイトル, 著者名,所属機関名(以上和英両文)を書く.
  9. 連絡先(所属機関の住所・TEL・FAX・E-Mail)を明記する.
  10. 原稿作成上の注意事項
    (1)本文諸形式は,緒言,方法,結果,考察,結論,謝辞の順序またはこれに準じた形式をとることが望ましい.
    (2)キー・ワード(日本語・英語で5語以内)は,和文・英文抄録のあとにつける.
    用語は,Index MedicusのMedical Subject Headings(MeSh医学件名標目表)最新版(英和版,和英版,カテゴリー版:日本医学図書館協会)を参照すること.
    (3)単位等の略号は,次の例示に従い,ピリオドは付さない.
    :g,?s,?r,μg,pg,l,ml,μl,m,?q,?p,?o,μm,nm,yr(年),wk(週),d(日),h(時),min(分),sec(秒),ms,μs,mol,Ci,V,W,Hz,Eq,IU,x-(平均値),SD(標準偏差),SEM,n,r,NS,p  国際単位系(SI)の単位記号などを参照すること.
    (4)数を表すには,すべて算用数字を用いるが,成語はそのままとする.
    例;一般,同一
    (5)図,表,写真等は,本文とは別にまとめる.
    それらの番号は,図1,表1,写真1,(英文では,Fig.1, Table1,Photo1)のごとく,それぞれに一連番号を付し,挿入箇所を本文の欄外(右側)に朱記する.
    (6)表の内部には,原則として縦・横の罫線は入れない.
    表で使用している標準的でない省略形は,すべて脚注で解説すること.
    脚注では,以下のシンボルを次の順序で用いる.
    *,†,‡,§,∥,¶,**,††,…….
    (7)そのまま製版を希望する図は,白紙または淡青色方眼紙に墨または黒インクを用いて描き,図中説明(スケールの単位や矢印等)を要する場合は,トレーシング・ペーパーを以って図を覆い,これに書くこと.また,図の巾は,6.5cmまたは13cmの何れかに指定する.
    (8)図・表の表題説明は,図の場合は図の下に,表の場合は表の上に書く.説明は,その内容を十分に理解させるに足るもので,和文論文の場合も欧文で書くことが望ましい.
    (9)文献は引用順に番号をつけて最後に一括し,下記の記載例の形式で記す.本文中の記載も「…知られている1),あるいは,…2, 3),…1-5)」のように,文献番号をつける.また,著者が4名を越える場合には,最初の3名を記し,あとは「ほか」(英文ではet al.)とする.
    [記 載 例]
    <学術雑誌>著者名.表題.雑誌名 発行年(西暦);巻:初頁-終頁
    1)関 覚二郎.米国産杉材工作ガ因ヲナセル喘息発作.日内会誌 1926 ; 13 : 884 - 8.
    2)七條小次郎,齋藤 武,田中 茂,ほか.こんにゃく喘息に関する研究(第一報).北関東医学 1951 ; 1 : 29 - 39.
    3)Landsteiner K, Jacobs J. Studies on the sensitication of animals with simple chemical compounds.J Exp Med 1935 ; 61 ; 643 - 56.
    4)American Thoracic Society. Definition and classification of chronic bronchitis, asthma and pulmonary emphysema.Am Rev Respir Dis 1962 ; 85 : 762 - 8.
    <単行本>著者名.表題.編者名.書名.発行所所在地:発行所,発行年(西暦):引用初頁-終頁.
    1)石崎 達.職業アレルギーの疫学.職業アレルギー研究会編.職業性喘息.東京:朝倉書店,1976:1-16.
    2)Williams DA. The sodial consequences of allergic diseases in the employed and seif-employed with special reference to occupations. In : Netherlands Society of Allergy, Netherlands Institute for Preventive Medicine, Netherlands Society of Occupational Medicine, editors. Occupational allergy Leiden : Stenfert Kroese, 1958 : 108-37.
    3)Patterson R, Zeiss CR Jr, Grammer LC, et al. editors.Allergic diseases : diagnosis & management. 4th ed.Philadelphia : Lippencott, 1993.
    上記の記載例は,Unifom requirements for manuscripts submitted to bio-medical journals(1991)に準じた.雑誌名の略記は,List of Journals in Index Medicus及び医学中央雑誌略名表を用い,不明の場合には省略せずに書くこと.
  11. 原稿は,封筒の表に「投稿原稿」と明記し,本文,800字以内の和文,英文抄録,写真・図・表とCD・USBメモリーを下記に送付する.電子メールでもよい
    (URL http://oea.umin.jp 投稿規定)

    送付先:〒371-8514 前橋市昭和町3-39-22
    群馬大学大学院保健学研究科
    日本職業・環境アレルギー学会 編集委員会
    委員長 久田 剛志
    Tel.Fax.027-220-8944
    e-mail:hisadat@gunma-u.ac.jp

  12. 投稿論文の研究について,他者との利害関係の有無を記載した利益相反(confict of interest)に関する開示書(別紙規定様式2-B)を提出する.本書類は論文の採否には影響しないが,論文が本会誌に掲載される際に明記される.
  13. 著者校正は,原則として初校1回のみとする.
  14. 投稿原稿の掲載料は,著者及びコレスポンディングオーサが会員であれば無料とする.未会員の場合は6,000円とする.作り直し図版下の制作費,カラー刷りの制作費は実費を著者の負担とする.また別刷りは50部までを無料とし、それ以上の増版については実費を著者の負担とする.
  15. 投稿論文の採否は2人のレフェリーによる審査を経て決定する.
  16. 本誌に掲載された論文等の著作権は,本学会に帰属する.